蒸留酒

【読み方:じょうりゅうしゅ、分類:お酒】

蒸留酒は、「スピリッツ(Spirits)」とも言い、醸造酒を蒸留して作った酒をいいます。これは、醸造酒(発酵液)を熱して沸点の違いを利用して水よりも低い沸点のアルコールを気化させ、さらにそれを冷却して液化させ、元の発酵液よりもアルコール濃度(度数)の高い液体となったものです。その歴史は古く、最古のものは紀元前に存在していたとされるアラックで、その後、世界各地で作られましたが、特に19世紀に連続式蒸溜機の発明と普及により大量生産が可能となり、また醸造酒よりも長期保存が効くことから世界的に発展しました。

一般にスピリッツは、国際的には全ての蒸留酒を意味し、その色調によって「ダーカー・スピリッツ」と「ホワイト・スピリッツ」に大別されます。その一方で、日本の酒税法では、徴税の立場から、焼酎・ウイスキー・ブランデーを除く、エキス分2%未満の蒸留酒、すなわち、ジン・ラム・ウォッカ・テキーラなどをスピリッツとしています(エキス分が2%以上の甘口のものはリキュール類として区分)。

<代表的な蒸留酒の名称と原料例>

ウイスキー:大麦、ライ麦、トウモロコシ
・ブランデー:果実酒
ウォッカ:大麦、小麦、ライ麦、トウモロコシ、ジャガイモ
ジン:大麦、ライ麦、トウモロコシ
テキーラ:竜舌蘭
ラム酒:サトウキビ
・アクアビット:ジャガイモ
泡盛:インディカ
焼酎:米、麦、サツマイモ、黒糖、そば、栗
・白酒(パイチュウ):中国の穀物