カナディアン・ウイスキー

【読み方:かなでぃあんういすきー、分類:ウイスキー

カナディアン・ウイスキー(Canadian whisky)は、カナダで作られるウイスキーの総称をいいます。これは、カナダの法律では、穀類のみを原料とし、それを麦芽の持つデンプン分解酵素によって糖化し、酵母によって醗酵させ、またカナダ国内で蒸留し、容量180リットル以下の樽を用いて熟成を行い、最低でも3年以上の熟成期間を経たものとしています。その起源は、1763年にカナダが英国領となってからと言われており、また歴史的な転機は、1920年代の米国の禁酒法時代に、大量のウイスキーが米国内に供給されたことにより飛躍的に発展したそうです。

一般にカナディアン・ウイスキーは、ライ麦を主原料に連続蒸溜した穏やかな香りを持つ「フレーバード・ウイスキー」と、とうもろこしを主原料に蒸溜したクリーンな味の「ベース・ウイスキー」とをブレンド・貯蔵した「ブレンデッド・ウイスキー」が主流で、その特色として、ライトでマイルドな風味となっています。ちなみに、代表的な銘柄として、「カナディアンクラブ(Canadian Club)」や「クラウンロイヤル(Crown Royal)」、「シーグラム(Seagram's)」などがあります。

世界五大ウイスキー

スコッチ・ウイスキー
アイリッシュ・ウイスキー
アメリカン・ウイスキー
・カナディアン・ウイスキー
ジャパニーズ・ウイスキー