側臥位

【読み方:そくがい、分類:体位】

側臥位は、「横臥位」とも呼ばれ、臥位(寝た状態)の一つで、横向きに寝ている状態(体位)のことをいいます。これは、腕を下にして横になった姿勢であり、また右側を下にした姿勢を「右側臥位」、左側を下にした姿勢を「左側臥位」と言います。

一般に側臥位は、仰臥位(背臥位)や腹臥位よりも支持面積が狭く、安定性にかけるので、身体のバランスを保ち、リラックスした安定性を保持するために腰を引き、体をくの字の状態にするなど工夫が必要です。なお、本体位は、看護介護において、褥瘡予防を目的とした体位変換のほか、清拭やリネン交換、排泄介助などでも活用されています。