仰臥位

【読み方:ぎょうがい、分類:体位】

仰臥位は、臥位(寝た状態)の一つで、仰向けの姿勢(体位)のことをいいます。これは、上を向いて寝た状態であり、その特徴として、重心が低く安定しており、エネルギー消費を最も抑えられる体位となっています。

一般に仰臥位は、看護介護において、睡眠や休息、安静、診察などでよくとる姿勢ですが、一方で長く続けると、仙骨部(背骨の付け根)に床ずれができやすいため注意が必要です。