お湯割り

【読み方:おゆわり、分類:飲み方】

お湯割りは、カクテルの一種で、酒をお湯で割ったものをいいます。これは、カクテルの中で一番簡素なものの一つで、ウイスキーやブランデー、焼酎などの蒸留酒を使うことが多く、また日本では特に「焼酎のお湯割り」を指すことが多いです。

一般に焼酎のお湯割りは、鹿児島県の芋焼酎で古くから行われてきた飲み方で、現在は焼酎全般に共通する代表的な飲み方となっています(ロクヨンが標準)。ちなみに、お湯割りによって水っぽくならずに返って風味が向上するのは、本格焼酎が単式蒸留機による100%の原酒から成るもので、アルコール以外の微量成分を多く含むことに起因するそうです。