復員軍人の日/退役軍人の日/ベテランズ・デー

【英語名:Veterans Day、分類:休日

復員軍人の日は、「退役軍人の日」や「ベテランズ・デー」とも呼ばれ、毎年11月11日にある、アメリカ合衆国の連邦祝日をいいます。これは、連合国とドイツとの間で第一次世界大戦の休戦協定が調印された日(1918年11月11日)を記念する「休戦記念日(Armistice Day)」に由来するもので、1938年に法定休日となり、1954年にアイゼンハワー大統領がその呼び名を「復員軍人の日(Veterans Day)」に変更しました。

伝統的には、この日に式典やパレード、コンサート、スピーチなどで祝っていますが、時代の流れの中で、その規模は小さくなってきているそうです(中心は退役軍人とその家族)。なお、米国大統領は、慣習として、アーリントン国立墓地にある無名兵士の墓にリースを供え、戦争に倒れた全ての米兵を称えます。