ビール系飲料

【読み方:びーるけいいんりょう、分類:ビール】

ビール系飲料は、ビール、発泡酒、第三のビールの総称をいいます。かつては、ビールだけだったものが、1990年代にビールの競争激化と消費者の低価格志向を捉えるために、大手メーカーが酒税法に着目して、発泡酒というジャンルが生まれました。また、2000年代には、酒税法の変更により、発泡酒よりさらに税率の低い、第三のビールというジャンルが生まれました。

一般にビール系飲料の特色として、「ビール風味」という共通性がある一方、麦芽比率等の原料や製法に応じて「税額に差」が生じるようになっており、税制改正の影響を大きく受ける傾向があります。