訪問看護

【読み方:ほうもんかんご、分類:看護】

訪問看護(Visiting Nursing)は、病気や障害のある方が住み慣れた居宅(自宅)で、その人らしく療養生活を送れるように、看護師や准看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが訪問看護ステーションから訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスをいいます。これは、病状や療養生活を看護の専門家の目で見守り、適切な判断に基づいたケアとアドバイスで24時間365日対応し、在宅での療養生活が送れるように支援するもので、また医師や関係機関とも連携をとり、様々な在宅ケアサービスを提案しています。

一般に訪問看護は、医療保険と介護保険のどちらでサービスを受ける場合も、かかりつけ医の指示書が必要となります。具体的には、医療保険で利用する場合は、年齢に関りなく利用することが可能で、かかりつけ医が交付した「訪問看護指示書」に従って必要なサービスが提供されます。また、介護保険で利用する場合は、要支援認定要介護認定に該当する方が前提となり、ケアマネージャーに相談し、居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらうことになります。