勤労感謝の日

【読み方:きんろうかんしゃのひ、分類:休日

勤労感謝の日は、日本の「国民の祝日」の一つで、11月23日を祝日とするものです。これは、かつての新嘗祭(しんじょうさい:稲の収穫を祝い、翌年の豊穣を祈願する古くからの祭儀)にあたる日で、1948年に制定されました。また、その趣旨は、国民の祝日に関する法律において、「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」とされています。

なお、国民の祝日とは、同法律の第1条で、「自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日」と定義されています。