八十八夜

【読み方:はちじゅうはちや、分類:雑節】

八十八夜は、雑節の一つで、立春を起算日(第1日目)として88日目の日をいいます。これは、八十八という字を組み合わせると「米」という字に似ることから、この日は農業に従事する人にとって特に重要な日とされてきました。また、雑節とは、二十四節気五節句などの暦日の他に、季節の移り変りの目安となる暦日の総称をいい、日本の風土と農作業の関係から考案された「日本独自の補助的な」となっています。

一般に八十八夜は、新暦の5月1日または5月2日に当たり、この頃が霜の降る最後となるので「八十八夜の名残の霜(忘れ霜)」と言い、これ以降は降霜の心配がないため、農家では種まきを行うことが多いです。また、この日に摘んだ茶は上等なものとされ、この日にお茶を飲むと長生きすると言われています。ちなみに、文部省唱歌「茶摘み」において、「夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉が茂る・・・」と歌われています。

<雑節の種類>

節分:立春・立夏・立秋・立冬の前日
彼岸:春分・秋分を挟んで前後3日間
社日:春分・秋分に最も近い戊の日(春社秋社
・八十八夜:立春を起算日として88日目の日
入梅:太陽が黄経80度の点を通過する日
半夏生:太陽が黄径100度の点を通過する日
土用:立夏・立秋・立冬・立春の直前約18日間
二百十日:立春を起算日として210日目の日
二百二十日:立春を起算日として220日目の日