食前酒

【読み方:しょくぜんしゅ、分類:お酒】

食前酒は、フランス語で「Aperitif(アペリティフ)」と言い、食事の前に飲む酒(アルコール飲料)のことをいいます。これは、19世紀頃にフランスから始まったもので、食欲を増進させたり、気分をリラックスさせたり、また出席者の会話を弾ませるきっかけに飲む酒となっています(必ずしも飲まなければならないものではない)。

一般に食前酒は、その後の食事の邪魔(妨げ)にならないように少量の酒を1~2杯程度飲むことが多く、ショートカクテルやシャンパンなどが飲まれることが多いです。なお、本用語に対して、食事の後に飲む酒のことを「食後酒ディジェスティフ)」といいます。