元旦

【読み方:がんたん、分類:休日

元旦は、「元朝」とも言い、元日(1月1日)の朝のことをいいます。これは、元が「はじめ」、旦の上部分の「日」が「太陽」、その下の「一(横棒)」が「地平線」を表すことから、地平線から太陽が現れることを示して「日の出」や「朝」の意味を持ち、すなわち、一年の最初の朝である「元日の朝」を意味します。本来、元旦を「元日(1月1日)」の意味で使うのは誤りですが、世間的には元旦と元日を混同して使っている人が結構多いです。

なお、元日とは、一年の最初の日である1月1日のことをいい、日本では、年のはじめを祝う国民の祝日の一つとなっており、また世界においても休日としている国が多いです。