夏至

【読み方:げし、分類:二十四節気】

夏至は、二十四節気の第10(5月中)で、6月21日頃、およびこの日から小暑(7月7日頃)までの期間をいいます。これは、太陽が北回帰線上に最も偏り、北半球では一年中で昼が最も長くなります(太陽高度が最も高く、昼間の時間が最も長く、地表で受け取る太陽エネルギーの量も最大となる)。また、二十四節気とは、太陰太陽暦において、季節を正しく示すために設けた暦上の分割点をいい、太陰太陽暦の一年を太陽の黄経に従って24等分し、各分割点の日にその季節を表す呼称をつけたものです。

一般に夏至は、一年中で昼が最も長い時期ですが、日本の大部分が梅雨の時期であるため、あまり実感はありません。また、この時期は、花しょうぶや紫陽花(あじさい)などの雨の似合う花が咲き、日本では風情があります。なお、この半年後に到来する冬至は、夏至とは反対に、昼の時間が最も短い時期です。

・季節:夏
・月:5月中
・太陽黄経:90度
・新暦日付:6月21日頃
・暦便覧:陽熱至極しまた日の長きのいたりなるを以て也

※暦便覧:太玄斎(松平頼救)の書いたの解説書(1787年出版)

<二十四節気の季節区分>

立春:春、1月節、2月4日頃
雨水:春、1月中、2月19日頃
啓蟄:春、2月節、3月6日頃
春分:春、2月中、3月21日頃
清明:春、3月節、4月5日頃
穀雨:春、3月中、4月20日頃
立夏:夏、4月節、5月5日頃
小満:夏、4月中、5月21日頃
芒種:夏、5月節、6月6日頃
・夏至:夏、5月中、6月21日頃
小暑:夏、6月節、7月7日頃
大暑:夏、6月中、7月23日頃
立秋:秋、7月節、8月8日頃
処暑:秋、7月中、8月23日頃
白露:秋、8月節、9月8日頃
秋分:秋、8月中、9月23日頃
寒露:秋、9月節、10月8日頃
霜降:秋、9月中、10月23日頃
立冬:冬、10月節、11月7日頃
小雪:冬、10月中、11月22日頃
大雪:冬、11月節、12月7日頃
冬至:冬、11月中、12月22日頃
小寒:冬、12月節、1月5日頃
大寒:冬、12月中、1月20日頃