一発屋

【読み方:いっぱつや、分類:業界】

一発屋は、一時(いっとき)のみ活躍をした歌手や芸人タレント、作家、漫画家、スポーツ選手などをいいます。これは、元々はプロ野球において、主にホームラン(一発)を狙う傾向のある選手を指す言葉で、このような選手は華々しい活躍をすることがある一方で、打率や三振数等で問題のあることが多く、一過性の活躍に終わることも少なくなかったことに由来します。

一般に芸能界では、歌謡曲やギャグネタ)など一作品だけがヒットし、一時的に世間で大きく注目されるものの、その後、ヒットが出ないまま忘れ去られるような歌手や芸人などを指します。また、一発屋の場合、世間的に名前だけは知られていることから、週刊誌等の「あの人は今?」のコーナーにたまに登場することもあります。

ちなみに、一発屋の中には、カラオケで末永く歌われて印税収入が定期的にある歌手や、過去に名を売ったことを活かして地方営業等で地道に稼いでいる芸人もおり、その後の人生において、それなりに成功している人も中にはいます(多くは没落する中で)。