回復と快復の違い

回復・快復

「かいふく」という言葉は、病気やケガ、体調、天気、景気、業績など、日常的によく使われています。これには「回復」と「快復」の二つの同音異義語がありますが、それぞれで意味が異なっているため、使い分けに注意が必要です。例えば、お見舞いの手紙では、「ご快復をお祈り申し上げます」と「ご回復をお祈り申し上げます」ではニュアンスが違ってきます。

ここでは、日常的に使い分けが曖昧になりやすい「回復」と「快復」について、その意味や用法、違いを簡単にまとめてみました。

回復の意味と用法

回復は、悪い状態になったものが元の状態に戻ること、元の状態に戻すこと、一度失ったものを再び取り返すことをいいます。これは、元の状態に戻る(戻す)ことを意味する「回」と、元の状態に戻る(戻す)ことを意味する「復」からなる用語で、通常、幅広い対象に使うことができ、例えば、「疲労が回復する」や「景気は緩やかに回復している」、「業績を早急に回復させる」といったように使われます。

なお、本用語は、「疲労回復」や「原状回復」、「信頼回復」、「景気回復」、「秩序回復」など複合語でもよく用いられます。

快復の意味と用法

快復は、病気がなおることをいいます。これは、病気がよくなることを意味する「怪」と、元の状態に戻る(戻す)ことを意味する「復」からなる用語で、通常、病気やケガ、疲労など健康面に対して用いられ、例えば、「病気が快復する」や「無事に快復し退院した」、「体調不良から快復した」といったように使われます。

なお、「快復」に関連した言葉に、病気やケガが完全に治ることを意味する「全快」や、病気やケガが段々と治ってくることを意味する「快方」などもあります。

回復と快復の違い

最後に「回復」と「快復」の違いをざっくりとまとめると、以下のようになります。

◎回復は元の状態に戻る(戻す)ことをいうのに対して、快復は病気がなおることをいう。

◎回復は様々な対象に用いられるのに対して、快復は病気に対して用いられる。

◎回復は「少しずつ回復に向かう」という使い方もできるのに対して、快復は「少しずつ快復に向かう」という使い方はできない。

違いカテゴリー